カードローンとは

カードローンとは

カードローンとは何でしょうか。一般的に、銀行が個人に融資するシステムを「カードローン」とか「銀行系カードローン」と呼びます。最近では、銀行系カードローンも消費者金融と提携をして消費者金融が実権を握っているケースが増えています。

 

ですから、銀行の良いところ、消費者金融の良いところが網羅されているのが銀行系カードローンであるとも言えます。
銀行の良い面は、クリーンで安心感のあるイメージです。

 

なんとなく、消費者金融は怖いという印象をお持ちの方でも、銀行から融資を受けられるなら利用したいと考える方も多いでしょう。反面、消費者金融は、お金が足りなくて困っている人に、スピーディーに融資してくれるという最大のメリットがあります。

 

以前は、銀行からお金を借りるにはとても時間がかかって、本来、使いたいときに間に合わないというデメリットがありました。最近では、銀行と消費者金融のメリットをいいとこどりしたカードローンが選ばれています。

 

銀行系のカードローンなら安心感があり、消費者金融のようなスピード審査も可能になりました。しかも、銀行系なら「貸金業法」に当てはまらないので、消費者金融で融資を受けるより融資額が増える可能性があります。

 

借りる側によって数万円から300万円程度までの融資が可能です。
返済も少額から利用できますし、「おまとめローン」にも使えるので便利で注目されています。