信用情報機関とは何か

信用情報機関とは何か

お金を借りる際に、貸す側は借りたい人の履歴を信用情報機関で照会しています。

 

銀行系カードローンは「全国銀行個人信用情報センター」、信販系や銀行カードローンは、「CIC」、消費者金融は「日本信用情報機構」になっています。銀行カードローンの場合、全国銀行個人信用情報センターかCICで紹介されます。

 

この信用情報は、個人が今までお金を借りた際にきちんと返済しているのかの履歴が残っています。ですから、もし、今までに返済遅延や自己破産等の金融事故を起こした経歴がある場合、審査の段階で落ちてしまう可能性が高いです。

 

ただ、金融事故を起こしたことがある場合でも、一定の年数を超えると信用情報機関の履歴から消えることもあります。
遅延の場合5年程度、自己破産で7年程度と言われています。

 

もし、心当たりのある場合は、自分自身の信用情報を取り寄せることができます。消費者金融やカードローンの審査に申し込みすると、申し込みの履歴が残ってしまいますから、慎重に事を勧めたい場合は事前に信用情報を取り寄せたほうが良いでしょう。

 

金融事故後、年数が経ち、信用情報がクリアされていても、融資を申し込みする会社で自分が以前、借金を踏み倒した経緯がある場合、金融会社のブラックリストに載っている可能性が高いです。そうなると、仮に結婚で苗字が変わっていようと、住所を変更していようと何年経とうと分かってしまいますから、融資を断られる可能性が大きいです。

 

初めてお金を借りるという場合も、一度信用情報に傷がつくと、回復するのは難しいということを覚えておきましょう。